あーたろのゆるりと。

日々のことやら伝えたいことやら

東雲めぐちゃんと出会って変わった私の人生

 

 

お久しぶりです。ゆるりと生きています。あーたろです。東雲めぐちゃんと出会って人生が変わったあーたろです。

 

まだ、めぐちゃんの話かよと思った方居たらごめんなさい。初期から読んでる人はただただ重たい苦しい私の話を読みたい人もいること知ってるけどめぐちゃんと出会って幸せなってるのでそんな内容は書けません!今、私は、幸せなんです!!でも、ちょっと、重い話もあるから許して。

 

私は、精神疾患を抱えてる。

酷い時は起きたら泣いて、泣き疲れて、寝て、起きたら泣いて、泣き疲れて、寝て、起きたら……なんてのを何日も繰り返したり、毎秒死ぬことだけ考えてつねに家族に監視されてる中どのタイミングで、どの死に方で死んだら確実に死ねるのか常に考えてた頃もあった。家族に監視されてるから普通には死ねないと思って餓死しようと数日何も食べすのまずで過ごしたこともあった。(結局、親に倒れたら救急車呼ぶからって言われてこれじゃ死ねないなと諦めた。)この頃の記憶は何故か色がなく、第三者目線なのは謎。

 

 

落ち着いてる時でもただ、日々をぼけーっと過ごすだけだった。ただ死んでないだけ、生きているだけそれだけだった。夢も希望もありゃしなかった。

 

 

そんな私が東雲めぐちゃんに出会った。

最初は可愛くて見てるだけだった。夜配信は家族とのご飯タイムなので見れてなかった。

だけど段々と見てるうちにめぐちゃんに惹かれていった。多分、これからも、もっとめぐちゃんを好きになる。この好きはとどまることを知らない。

めぐちゃんを見てると元気を貰える。ご飯中に端末いじること怒る家族も私がめぐちゃんを好きになって元気をもらってることを知って夜配信の日はタブレットで見ながら、星投げたりコメントしたりしながらご飯を食べることを許してくれるようになった。

 

 

東雲めぐちゃんがくれたのは元気だけじゃない。死んだように生きてた私に夢や希望を見ることを教えてくれた。物心つく頃には心を殺してたことを考えると嘘のようだ。おかげでたくさんのやりたいことが出来た。人生を楽しいって思えるようになった。こんなの、生まれて初めて。

中学生の頃からずっと、長生きなんてしたくないと思ってたけど1秒でも長く生きたいと思えるようになった。

 

 

まだ元気だった頃のように即興ダンスして楽しむこともできるようになった。めぐちゃんを通じて知り合った沢山の人とVRの世界やリアルの世界でも会えるようになったし、コミュ障のはずの私がそこで出会った人達と初対面でもまるで昔からの知り合いのように話せる。素を出せる。そして、それを受け入れてもらえる。本当に有難い。

 

引きこもりがちだった私が外出することも増えた。今月には1週間関東へ出かけるし、来月には青春18切符を買って会いたい人達に会う計画をしている。

 

 

めぐちゃんには、まだまだ書ききれないぐらいたくさんのものを貰った。

今でも死にたくなる時はあるけどそれでも、そんな時でもめぐちゃんのことや自分の未来のことを考えて生きようって思えるようになった。

 

 

きっと、私は、めぐちゃんに出会わなければ今でも自傷行為しまくりだったと思う。でも、今はもうずっと自傷行為をしていない。これもめぐちゃんに出会えたから。出会ってなかったらもうとっくに自殺してたのではないだろうか……そんなことさえ思うほどだ。

 

だけど、現実の私はめぐちゃんに出会って死のうとすることもなくなったし、自傷行為もしなくなった。

 

本当にめぐちゃんありがとう。私にはいくらありがとう言っても足りないだけの、たくさんのものを貰ったよ。めぐちゃん、大好き。ありがとう。めぐちゃんのおかげで私は、前向きに生きれるようになったんだよ。

実はこれ書きながら泣いてるの。めぐちゃんに感謝の気持ちでいっぱいでめぐちゃんが大好きな気持ちでいっぱいで幸せな涙が出てくる。

 

 

私は、めぐちゃんに人生を変えてもらえた。だから少しでも恩返しがしたい。めぐちゃんが、今よりもっと有名でもっと人気になって欲しい。あーたろは東雲めぐちゃんの事を全力で応援しています。いつかめぐちゃんの夢の「初音ミクちゃんみたいな歌姫になる」。それを実現できるように……。

「ねぇ、聞いてよ。」 書評もどき

お久しぶりです。
あーたろです。今回はフォロワーさんが書いて、BOOTHにて700円で発売してるマッハ新書について書きます。作者の忍野しのぶさんからは了承済です。


さて、本のことをと言いたいのですが、その前に、マッハ新書を知らない方が多いと思うのでその説明を少し。



マッハ新書とは
【12時間以内に書いて出版する電子出版レーベル その名も『マッハ新書』】[*1]

マッハ新書は、@GOROman氏 [*2] が提唱する電子出版レーベル (というよりはむしろ電子出版のスタイル?)です。
時間をかけて執筆し、編集し、校正して、万全のものをリリースする従来の紙の出版のあり方に対し、即時リリースかつアップデート可能な電子書籍の特性を利用して、瞬間的に執筆して販売する、熱意ドリブン・情報鮮度第一の出版形態です。(BOOTHサイトより、引用。)


まぁ、簡単に言えば素人でも書いて、かけたらすぐにマッハで本にしてくれるよ(PDF型式)というものですね。
気になった方はマッハ新書でググってください。



まあ、マッハ新書のことはここまでにして、本題の忍野しのぶさんの「ねぇ、聞いてよ。」について書きますね。


これは、彼女の過去とこれからのお話です。
彼女の辛かったこと、大変だったことがわかりやすく書かれています。もうね、きちんと過去と向き合ったんだなぁってのが読んでいて分かります。


忍野しのぶさんは、明るくて元気な人です。過去に何かしらはあっただろうなとは勝手に思ってたんですけど、読んで思ったのは何かしらなんて言葉で一括りにしてはいけないなと思いました。そんな、明るくて元気な彼女も、これを書いてる時は辛いことを思い出すわけです。辛くなることもあったと思います。それでも、これだけ過去のことと向き合って、書くことをできた彼女はすごいな、と思います。


私も、たまにね、過去のことと向き合うためにブログに書いたりしてるけど全然向き合いたりねーななんて思いました。


それでもって、未来の目標なんかも書かれていて、前向きで過去は過去。今を、未来を、見たいというのが伝わってきました。


高校生がこれを書いたなんて、とも思いましたが年齢なんて関係ないですね。本当にこの子はすごい、すごいなと、すごいって言葉だけでは物足りないと、そう感じました。


私も今の病気ときちんと向き合うためにも過去とも向き合いつつ未来を見て生きていきたい。そんな風に思わせてくれた本です。


本当に素晴らしいので、皆さん、ぜひ買って読んでください。700円なんて値段でそうそう読めるものでは無いです。安すぎない!?とすら思いました。でも、彼女は少しでも多くの人に読んでもらいたいとの事なので、そのためにこの価格なのかもしれんね。


そんな、「ねぇ、聞いてよ。」は

https://booth.pm/ja/items/899709

↑こちらよりお買い求め頂けます。



マジで素晴らしいのでみんな読んで!!!

焦りは禁物


今日は名古屋でお祝いしたいイベントがあったから名古屋へ行った。


家を出る予定を少しだけ遅れる。でも、まだ間に合う。

車を運転しだして少したって帽子の忘れ物と日焼け止めの塗り忘れに気がつく。日焼け止めぐらいならいいが、私は服装や髪型のひとつに帽子を入れてるので忘れてたままでいるのは辛い。フルでコーデを考えてこれだ!となった時は特に。今回はまさにそれだった。
仕方がないから車を引き返して1度家に戻りついでに日焼け止めを塗る。

時間は余裕を持って考えてたのでまだ大丈夫。とはいってもここまで来るとやばいなと思えてくる。



信号には何度か引っかかったものの幸い道の途中までは信号のほとんどない峠の道なので、いつものろのろと走ってるのを少しだけ早く走らせれば何とかなった。


駅について電車の時間を確認する。まだ、余裕があったようだ。
そう考えてると緊張の糸が緩んだのかトイレに行きたくなった。思いの外、トイレで時間を過ごす。電車に乗り遅れる。


さて、次の電車をスマホで調べる。数分遅れで済むな、うん。と確認をして待ち合わせ相手に数分の遅れを伝える。

ここで、トイレに忘れ物をした事に気がついた。トイレは、確か私が出た直後に掃除の男の人が入ってた。まだいるだろうか。そう思いながらホームからトイレへと急ぐ。


トイレを出たところにちょうど掃除の男の人がいた。忘れ物が無かったかと聞くと隣の終点駅にもう係の人が送ったと言う。


忘れたものは大切なものだったので急いで取りに隣の駅へと行きつつ、待ち合わせ相手に更に遅れることと理由を話謝る。

駅に着き、駅員さんに××駅のトイレで○○の忘れ物がないかと聞くと「○○……?忘れ物……?いつ?」「さっき???」と聞かた。不安が募る。まだ届いてなかったのだろうかなどと考える。

確認をしてきてくれた駅員さんが私の忘れたそれを持って現れ私は安堵した。
しかし、時間が時間だ。相手も待たせてる。集合場所への電車をスマホで調べて乗り込む。


あとは、電車で目的地に着くだけ。ゆったりとゆられる。



そんなこんなで今日は焦ってミスの奇跡的なコンボを果たしたというブログ。

焦りは良くないね。ゆっくりといこう。

社会に出るのが怖い

 

昨日、仕事の面接の予定でした。

予定でした。ですが、私は、体調を崩して1日のほとんどをベッドでゴローンとしてました。

 

 

朝起きたら、なんだか頭痛がして、しばらくすると少しのふらつきと、気持ち悪さも出てきて……。面接は後日に予定を伸ばしてもらえたので予定を伸ばしてもらいつつ体調が良くなるようにひたすらゴローンとしてました。(まぁ、現実逃避のためにVRとかも少しやってたんですけど。何にもできない時に異世界に寝っ転がったままで行って眺めれるのはいい。)

 

気がつくと頭痛は消えてる時もありました。でも、面接のこととか面接後に職場に行く日が一定数決まって毎回行くのか……今日ですらこんなんなのにできるの……?と考えたら何故だかまた頭痛がしてきました。

最初は鼻も出るし風邪かなと思ったんですけど、それを何度も繰り返してると風邪と言うよりメンタル的なものが体にまで出てきたのだと思いました。

 

 

軽い面接ですらこんな状態になるのに働くのは無理だなってなりました。

あぁ、私は、社会に出るのが怖いんだなとその時初めて分かりました。

 

母にその事を伝え、どうしようかと相談して仕事をする、目指すというのを今は辞めることにしました。

 

最近まで調子がいい日が続いてたから上手くいくと思ったんだけどな……。自分に期待しすぎてたのかな。

主治医にもまだ早い気がするけどやってみないと分からないし挑戦したらって感じに言われてたしまだ早かったんだなぁ……と。

 

正直、めちゃめちゃ悔しいです。悔しくてたまらない。昨日の夜はひたすら泣きました。せっかく仕事に誘ってくれた友達や応援してくださった方、いい環境で働けそうだねって言ってくださった方々には申し訳ない気持ちにもなりました。

 

でも、私が社会に出るにはまだ早いみたいです。もっと治療を優先してやるべきみたいです。

 

あーぁ、面接予定の前日まで働くぞ!頑張るぞ!今の私なら、少しづつなら、きっとできる。そんなふうに思ってたのに一晩たって面接当日になったらこれですよ。もうダメだ。

 

また、社会に出る機会とタイミングを逃してしまった気がしてなりません。でも、仕方なかったのかな。悔しいな。

 

 

今日も午後の途中までもう、動くのも辛いくらいには昨日こと引きずりました。

朝は、1人が怖い、外に出るのは庭だろうとベランダだろうと怖いそんなふうになってました。

 

でも、何とか少しづつメンタル改善出来てきてます。元に戻るまでにまだ時間がかかるかも知れません。それでもマシになることは出来ました。

 

また、前みたいに戻りたいです。少しでも早く。

 

来月にはどうしてお祝いしたいイベントがあるので、名古屋に行けるようになりたいです。(家から出るのが怖いって言ってるやつが何言ってんだ)

今晩、関東で寮生活してた弟が帰ってきたらしいです。らしいというのは帰宅時間が遅めなので会えてないからです。

弟が帰宅したことと私のリハビリも兼ねて明日は我が家では珍しく外食するそうです。明日、雨ひどいらしいけど食欲が仕事してくれるといいな。

 

そうやって、少しづつでも外に出れるようになって来月には名古屋に行きたいです(2回目)

 

正直、社会に出るのが怖いのは症状なのか甘えなのなわからないです。こんな私たけどなるべく許してあげたい。自分ぐらいは自分を許せるように……。

 

 

 

おっと、記事を書いてるうちに時間が経って日付をまたいでしまいましたね。昨日が一昨日で今日が昨日になってしまった

『うつ』について話す。

 

twitterで効率的なうつ病の治し方ってないだろうか?的なのを見かけたんですね。

 

それでtwitterでも話したんですがもうちょい詳しく『うつ』について話したくてブログでカキカキすることにしました。

 

私のブログ読んでる人は多分、知ってる人がほとんどだとは思うんですけど、『うつ』と『うつ病』の違い分かりますか?ていうか、違うものって知ってますか?

 

もし知らない方がいたら、ということでまずここから話しますね。

『うつ』、これは主に症状のことを表し、病名ではありません。私が主治医に言われてる症状の1つでもあります。それに対して『うつ病』とは病名のことを指します。

じゃぁ、『うつ』って『うつ病』の症状のこと?結局同じなんじゃ?と思った方もいるかもしれませんね。でも、それは違うのです。『うつ』=『うつ病』の方のみにある症状ではありません。統合失調症双極性障害躁うつ病)などといたった様々な病気で症状が出ます。要するに『うつ』は『うつ病』以外の方でも症状として出てくるんです。

ついでに言うとうつ病の薬はうつ病ではない場合に、効かない場合や逆に悪化させてしまうこともあるそうです。

 

この『うつ』は『うつ病』以外の方でも症状として出るということ、うつ病では無い人にうつ病と誤診が出る理由の一つです。精神科の医者だって見分けること難しいんですよ。現に私の主治医は私に病名は言わないし、前に薬剤師さんにお薬手帳で薬の履歴見せた時に主治医の薬の出し方は私がなんの病気なのかどういった薬を出すべきか悩んでると言ってましたね。凄いですね、お薬手帳1冊みただけで、そんなことが分かるなんて。

 

話が少しそれますがお薬手帳は大事ですよ。病院に通ってる方は持ってると思いますが、通ってない方、持ってますか?病院や薬局で言われたけど処方されるのは風邪薬などといった大したものじゃないしめんどくさいからいいやって持ってない方いませんか?何かで怪我や病気になった時、以前のんだ薬や今飲んでる薬がきちんと分からないと、薬の相性が悪くて悪化なんてことになりかねません。処方箋を受け付けてる薬局なら、どこでも多分、貰えます。タダで。なのでお薬手帳は利用しましょう。

 

 

 

さて、話を一番最初に戻しますね。効率的なんて『うつ病』の治し方。これ、うつ病に限らず『うつ』にいえることだと思うんですが、効率的な治し方なのんてないと私は思います。ていうか、精神疾患全般だと思います。

 

 

私がよく聞く、精神疾患の治っていく例え話なんですがふたつあります。

・3歩進んで2歩下がるの繰り返し

・螺旋階段を登っていく

どちらも効率的とは違いますね。むしろ、真逆なぐらいですね。

 

3歩進んだら2歩下がる。せっかく3歩も進めたのに最終的に進めてるのは1歩だけ。なんで下がっちゃうかなぁ……。でも、そんなもんなんですよね。調子がいい時はどんどん進めるけどその後でぶり返しが来てメンタルが落ちたり体に症状が出たりして下がってしまう。この前で調子良かったのにどうした私!?って良くなりました。今でもなります。最終的に1歩でも進めたてたらラッキーなものです。

 

螺旋階段を登っていく。どう考えても真っ直ぐな階段より遠回りをして上から見たらぐるぐる、ぐるぐると同じところを何度も何度も通りながら少しづつ近ずいてくる。何度も同じような病み方をします。元気になります。また同じように病みますその繰り返しです。

 

 

どちらも、進んでるのかどうか分かりずらい。

それでもゆっくりとではあるけど進んでいるんです。

最初と比べると良くなってるのがやっと分かるようなスピードだと思います。

それでも良くなっています。

 

 

さて、まだまだ話したいことがいっぱいあるんですけど、あまり長くなってしまっても読みにくいだけでしょうし今回はこの辺で。まだまだ続き書きたいのでそのうち多分書きます。

お部屋の話。

ブログを更新したいな、更新頻度上げたいな、と思ったんですけど最近、頭の中が東雲めぐちゃんだらけでですね、、、そんなにめぐちゃんについてここで語ってどうするの!?となりそうなので、はてなブログのお題をしようかなと思います。いや、私は語りたいんですけど読む方からしたらどうなのかな……と。

 

そんなわけで、はい!!

今週のお題「お部屋自慢」

 

お部屋自慢。私のお部屋!これは自慢できます!!!自慢だらけです。

まずは、なんと言っても部屋の広さですね!!!!!私の部屋、めちゃくちゃ広いんですよ。10畳ぐらいあります。10畳!!!個室で10畳ですよ!?めちゃくちゃ広い!!もう、これは自慢するしかないですね!いろんなものが置ける!!色々なことが出来る!

 

 

さて、お次は壁です。壁。壁と言っても壁紙のことではありません。

 

私の部屋の壁、いろんなものが飾ってあるんですよ。CDに私の好きな写真を撮る写真家さんの写真集、高校の時好きだったバンドのTシャツ(メンバー全員のサイン入り)、普段から使う帽子、好きなバンドのポストカードと缶バッチ、ディズニーランドのトムソーヤ島とシーのフォートレス・エクスプロレーションの地図、推しやディズニーリゾートで撮った写真、お気に入りの年賀状、ぽてうさろっぴーのぬいぐるみ……言い出したらキリがないです。本当にいろんなものも飾ってあります。大好きなものばかり。

壁を見れば幸せになれます。

 

 

次はベッド。これは私が小学校に上がる時から使ってます。元々は弟と同室だったこともあり二段ベッドだったんですが、私が自殺(未遂に終わった)で何度も使ってしまったので上の段は外され1段になりました。サイズが子供用なので小さいのにまだ普通に使えてるあたり私の身長が伸びなかった事が表れてますね……。悲しい。さて、このベッド、頭の上の位置にちょっとした棚がついています。おかげでいろんなものがおけます。小説、メモ帳、ティッシュ、小さなゴミ箱、寝る前の薬、水……いろいろなものが置いてあります。

ライトもついていてとても使い勝手がいいです。寝る前に部屋の電気が切ってあっても枕元のライトを付ければ大抵のことができます。薬も飲みやすいです。

 

 

ベッドの棚の上にもいろんなものが置いてあります。

 

大好きなドナルドのサイン、めぐちゃんの画像を印刷した紙、ブルーライトカットめがね、フォロワーさんが買ってくださった大切な温度&湿度計……その他色々。その中でも、1番のお気に入りは近くの予定をメモする黒板です。チョークと黒板消しに黒板の下のチョーク等を木製のもの。学校の黒板にそっくりです。学校モチーフとか好きな私にはたまらないです。たまらない。本当に、たまらない。

 

そんな黒板に東雲めぐちゃんの絵描き歌の絵を隅っこに描いてあります。可愛くかけて結構気に入ってます。

 

 

あと、我が部屋には天使が居るんですよ。天使。

は?って思った方が多いと思うんですがいます。天使。(何回言うんだよ)

 

おっきいサイズのぽてうさろっぴーとドナルドの2人(2匹?)。マジで我が部屋の天使です。

f:id:artaro:20180526174746j:plain

部屋が模様替えする前なんでコードとかごちゃごちゃしてるが写ってしまってるけど、天使でしょ?ね?ね?(圧力)

 

 

私の部屋、もう私の城にするために大好きなものだらけで、自慢したら多分、止まらないんでここまでにしておきます。

最近は散らかってますが、好きなモノに囲まれた大好きな部屋です。

 

(一部母のクローゼットとかがあるがそれは気にしないことにしよう。母の服とかたまに借りるし。)

最近の話

今日も元気です。あーたろです。

 

最近は散財の仕方がやばいです。好きなものを見つけたのは言いものの、お金が気楽に飛んでいきます。クレカ払いも結構な金額のもの通販で頼んでるし、携帯払いでSHOWROOM(配信サイト)のギフトを買いまくってしまっています。

 

その分現金は使ってないかと言うと、、現金もかなり使ってます。

最近はメイドカフェやらコンカフェにハマり気味です。かわいい女の子、癒される……素敵……。そして、お札に羽が生えていく。

それでもなんとかなるだろうと思っている私。良くないな。このままじゃすぐに貯金がそこを尽きてしまうわ!

何とか出費を抑えなくてはーと思いつつ3万円近いものをポチッたのは私です。

 

仕事してた時はやりたいことも無くお金もほとんど使わなかったのに、今じゃ諭吉さんが羽生えてすぐに飛んでいくから不思議。

 

 

昨日までは、多弁の気もありました。たくさんの言葉が思い浮かんでは忘れちゃう!これ話さなきゃ!と言った感じに母にめちゃくちゃ話しかけてました。どうでもいい話は適当に相槌うちつつも、あんまり聞いてないのでスルーしてくれる。ありがたい。

 

 

そんな感じの日々が昨日の夜辺りから少しづつ落ち着いてきた気がします。このまま落ち着いてくれるといいな。